求める人物像
当社は明治31年創業からの行動方針「創造適革」「誠意・創意・努力・信用」の精神のもとでお客様からの視点に立った事業を展開すべく下記4つの力をお持ちの方と一緒に仕事をしたいと考えております。
①思いやり
相手の立場や気持ちを理解し対処する力

②自己革新性
自己の足りない部分や知識・技能を、自ら積極的に取り入れている力

③情報伝達
相手の欲している情報をタイミング良く伝える力

④徹底性
一度決めたことは、途中で投げ出さず、何度でも繰り返して行う力
「創造適革」について
創造適革は4つのキーワードで構成された創業以来の考え方です。
創=業態創造:新しい商売の形態を創ってゆく
造=自己醸造:人財を育ててゆくと同時に各自は自己啓発によって自己の価値を高めてゆく
適=時流適応:変化して停まることのない環境(時流)に適応してゆくシステムを築く
革=不断革新:社会の事物は激しく変革してゆく全ての事物を絶えず見直す業務改革を日常的な小さなところからも継続して行う

「思いやり」について
お客様に対しては、「親切宣言」を掲げて社員全員が仕事に取り組んでおります。「親切宣言」とは、ノグチグループ全社員がお客様への感謝の気持ちを常に忘れる事無く、いつでも明るく元気に、そして親切に応対する事をお約束する宣言です。この「親切宣言」を社員一人一人が確実に実践し、お客様と心つながる・お客様の思いに答える「親切」な応対をしています。親切を蓄積することで「信用」を作り、信用は「資産」(=財産)に成るという創業時からの商売道の精神を当社は大事にしています。お客様に対して親切に行動するためには、何よりチームワークが必要になります。相互に信頼し合える仲間とともに「「One for all! All for one!」(一人はみんなのために!みんなは一つの目的のために!)仕事に取り組んでいます。この精神は当社が重んじでいる人物像の1つ「思いやり」に繋がります。

「自己革新」について
当社は1898年(明治31年)創業以来、「創造適革」の行動方針で事業を展開してまいりました。1889年に東海道全線が開通する鉄道建設ラッシュの中で鉄道と郵便による金融網を活用した建築金物の通信販売を日本で初めて開始しました。創業時はライバル100社がひしめく厳しい競争下の中で、創業者 野口茂助がどのような商売形態であればお客様の満足を得ることができるかを追求した結論が「通信販売」でした。当社の創業時はまさに「革新」から商売が始まりました。その後、関東大震災で通信販売用の倉庫が焼失し再起を図るべく2代目 野口甚太郎がどのような商売形態であればお客様の満足を得ることができるかを追求した結論が「卸販売」(問屋業)でした。その後、第2次対戦後のGHQ統制下から1950年代までは鉄レール等を製造販売する建具金物メーカーに業態を転換しその後に今の卸業に転換しました。1960年代はホームインプルーブメントが起こり、ホームセンターという新しい業態が誕生しました。1972年に渋谷区青山にホームセンター小売店(㈱ウッドペッカー)を設立する等、時代の変化に適合した商売を行って参りました。2003年にインタネット通販時代の到来に合わせてエクステリア・ガーデニング資材のネット販売「環境生活」事業を立ち上げ当事業は年商10億円を超え2ケタ成長を続けています。また、当社は、戸建住宅向けの金物を中心に取扱いをしておりましたが、首都圏のマンション・ビル等の大型建設需要に対応すべく2009年にビル建材事業にも参入しました。昨今ではお客様・建設現場のお声やニーズを形にしたいと自社商品開発にも注力しています。当社が創業時から守り続けている行動方針「創造適革」の精神を脈々と受け継ぎ、お客様からの視点で事業を展開しています。この精神は当社が重んじでいる人物像である「自己革新」に繋がります。

「情報伝達」について
当社は創業以来、お客様の声やニーズに合わせた商売を行ってきました。
お客様の声・ニーズを直接お聞きする活動を行っています。それと同時に、当社内でお客様の声を一番収集している現場の社員皆様の声を最も大事にしています。そのため、お客様の声・ニーズを上司や関係部門、幹部へスピーディに正確な情報を伝えていただく「報連相」を重視しています。また、上司や幹部は現場の社員皆様へスピーディに的確に情報を伝達する「フォードバック」を重要な責務としています。

「徹底性」について
創造適革の行動指針のもとで事業を展開する際は、お客様の声・ニーズに応えることは時代に先駆けることにもなります。そのため、事業を進める上で課題や問題に直面することが多々あります。このような困難に直面した場合でも、諦めず粘り強く業務を進め、お客様や関係者、取引先等の「信用」をコツコツと積み重ねて「信用の資産」を築き上げることが大事と考えています。そのため、日頃からどんなに小さなことでも、一度決めたことは、途中で投げ出さず、何度でも繰り返して行うことで、ご自身の成長に繋げて頂くことを社員皆様に求めています。「企業は人成り」(=個々の社員皆様の成長が企業の成長に繋がる)であると当社は確信しています。徹底性こそが人の成長に繋がると考えています。

ページトップへ