建設通信新聞 5月2日号に【イヒカ プロコンシート】が掲載されました

建設通信新聞 5月2日号に、新製品「イヒカ プロコンシート(タイル下地用)」が掲載されました。

「イヒカ プロコンシート(タイル下地用)」は、コンクリートに含まれる余剰水分・余剰空気を抜き水和反応を最適化するものです。

正しく水和反応が起きるとコンクリートの表面は緻密化され、劣化の原因であったピンホールやヘアークラックが激減し強度が向上します。コンクリートの性能は一般型枠工法と比べて表面硬度は平均1.4倍、吸水率は平均1/2となり中性化・塩害・凍害の抑止に繋がります

作業面では、コンパネにプロコンシートを貼りつけるだけの作業に変わることで、これまで使っていた離型剤が不要になり、超高圧洗浄も不要になります。洗浄時に出る化学物質が含まれた汚水とその臭いがなくなり環境にもやさしく、工期の短縮と工費の削減ができます

タイル下地用ではシートのエンボス加工によって、コンクリート表面に細かい凹凸が出来上がり、そこに下塗材がしっかり食い付くことでタイル剥離強度も向上しています

プロコンシート(タイル下地用)はこちらからご覧いただけます
イヒカ プロコンシート(タイル下地用)

すべての方々に多大なメリットをお届けするこのプロコンシートのPR活動を、弊社は今後も力を入れて進めて参りますので宜しくお願い申し上げます。

ノグチカタログPDF

カタログ請求フォーム