イヒカ プロコンシート タイル下地用

ihika_12

イヒカ プロコンシート タイル下地用  (ihika_12)

販売価格(税込)
¥1
在庫状態 : 在庫有り

国土交通省NETIS登録 登録ナンバーKT-180025-A

コンクリートの品質を向上して工期短縮・工費削減を実現するコンクリート型枠用シート

カタログはこちらお問い合わせはこちら


コンクリート爆裂防止効果

コンクリート爆裂はクラックから侵入した水や空気により、中性化が進行し内部の鉄筋が酸化(錆)膨張し、コンクリートが押し出され破裂してしまう現象です。

bakuretsu_boushi

重度の場合、壁面の亀裂や破損以外にも、爆裂に伴う壁内部の排水管の損傷、電気系統の故障、コンクリート塊の落下による重大事故を発生させてしまう危険性がありますので、定期的な修繕工事による補修が必要です。

プロコンシートで生成した密実なコンクリートは、収縮クラック(ひび割れ)の低減により水、空気の侵入を防ぎ、本来のコンクリートが持つ耐久性能を引き出して、コンクリート爆裂を防止する効果を発揮し、安全性の向上、維持管理費用の低減、建物の長寿命化に繋がります。

コンクリートが劣化する原因のもっとも大きなものは打設時にできるピンホールによるものです

ihika_12_06

養生中のコンクリート内部に含まれる水分や空気がコンクリートパネルに阻まれ外に出ることが出来ずそのまま硬化することでピンホールと呼ばれる穴が生じます。

これがコンクリートの強度を下げる原因でした。従来工法はこのピンホールを消すための処理に工数をとられていましたが、プロコンシートを使うことで強度UPと工数の短縮が可能になります

従来工法との違い

ihika_12_11

従来の工法では、コンクリートが凝固中に起きる水和反応時に余った「水分」「空気」が抜けにくく水隙・空隙が出来てしまい、これらが蒸発して硬化後ピンホールとなりコンクリートの劣化を招くことになっていました

ihika_12_12

そこでプロコンシートを使用した工法にかえると余剰水分・余剰空気が抜けることで、水和反応が最適化されコンクリートの性能が向上します

プロコンシートを使用することでコンクリートの質と作業現場にどのような利点があるのか?

プロコンシートの特長

1.ピンホールなどの左官補修が大幅減少!!

これまではモルタルなどで表面を均らしてコンクリートのピンホールやヘアークラックなどの凹凸を補修していましたが、それら補修作業が大きく減ります

2.水和反応が最適化され表面硬度が最大1.4倍に!!

性能が向上したコンクリートは緻密化されているために硬く、従来の工法と比べて表面は1.4倍の硬度

3.コンクリート表面密度が上がり、吸水率が平均1/2に塩害・凍害に強い!!

ピンホールやヘアークラックなどの小さな凹凸、毛細管が減ることにより水に触れる表面積が小さくなるとともに、内部への浸透を防ぎます

※②③:(一財)建材試験センターにて

4.エンボス加工でタイル下塗り材の食い付きが増し、表面付着強度が「平均2倍」!!

シートその物にエンボスを施すことにより下塗り材がしっかりと食い付きタイルの保持力が大幅に向上

5.工期を圧倒的に短縮し全体コストを削減!!

コンパネ(型枠)に塗っていた離型剤の変わりにプロコンシートを貼り付けることで
型枠除去後の離型剤を落とす超高圧洗浄が必要なくなり、左官補修も大幅減となりコストダウン

ihika_12_04

更にプロコンシートは複数回の転用が可能な耐久性を持つため再利用によってこちらもコストダウンにつながります。

6.環境に優しい!!(化学物質フリー)

鉱物油の離型剤(剥離剤)などを使わなくなることで、洗浄時に出る化学物質が含まれた汚水が無くなるので環境を汚すことがありません

7.緻密かつきれいな仕上がりに悪臭無し

1.2.3.の特徴に加えて、6.と同じく離型剤を使わないのでコンクリートに離型剤の色が付きません。
仕上がりは緻密かつ変色がないので非常にきれい、もちろん離型剤特有のイヤな臭いもありません

工期短縮・工費削減

工法の比較図

サイズ・詳細情報

品名 JAN 商品番号 品番 サイズ(幅×長:mm×m) 入数
タイル下地用 4961346023657 2-02365 PCT16.5 550mm×30m 1巻

数量
ihika_12 ihika_12 ihika_12 ihika_12 ihika_12